本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社和井田製作所

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
和井田 俶生

精密部品を量産する金型に不可欠な研削盤を製造

  • 岐阜県高山市片野町2121番地
  • 1946年(昭和21年)設立
  • Tel 0577-32-0390
  • http://www.waida.co.jp
精密金型製作に必要な研削盤のトップメーカー。
CNC成形研削盤では日本の60%シェア、中国市場ではリーディングブランド。

金型製作だけでなく、精密部品加工等の幅広い用途にも研削盤は必要

携帯電話などの電子機器の部品メーカーでは精密金型を製作し、これによってパーツを量産しているが、成形研削盤はこの金型を製作・加工するために必要な工作機械である。また、金型だけでなく、精密機械部品・切削工具の加工にも使用されている。

ハイレシプロ技術がポイント

研削盤の作業効率を改善するハイレシプロ技術を開発(特許取得)。この技術により、研削盤の回転砥石が研削時に小さな上下運動を高速に行うことによって、加工速度が飛躍的に向上し、その加工面の仕上がり精度も向上させている。

CNC(コンピュータによる数値制御)成形研削盤で世界トップ

このハイレシプロ技術とダイヤモンド砥粒を使用し寸法精度±2ミクロンを達成できるCNC成形研削盤は、金型製作に使用される超硬、セラミックス等の硬くて脆い材料を高精度、高品質、高能率で加工できることから、日本のみならず世界中で使用されており、電子機器などの精密部品製造に大きく貢献している。

CNC成形研削盤・金型部品加工中・加工後

このページの先頭へ