本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社生方製作所

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
生方 眞哉

スイッチ・センサー技術で「安全」を世界に提供

エアコン用制御スイッチや地震時に燃焼を止める感震器の分野で圧倒的な高品質を実現。感震器は、阪神・淡路大震災後「サイレントヒーロー」として高く評価。

大学講師をスピンアウトし、液体スイッチで創業

大学講師をスピンアウトした創業者が、昭和38年に水銀を利用した液体スイッチを開発。世界初の液体式自動車用方向指示器に応用し、自動車メーカーへの販売を開始した。 同社は、独創性へのこだわりから、創立当初より「自社で開発・設計から生産、販売、アフターケアまで一貫して行い、自社ブランドで販売する」という姿勢を貫いている。

ガスメーター等の感震器で国内シェア80%以上

水銀を使用しない製品への指向が高まった平成6年、鋼球を使用した新型の感震器を完成させ、ユーザーニーズへの的確な対応を実現。現在、地震振動のみに反応する高性能の感震器は、ガスメーターや暖房器具に採用され、国内シェアは80%を越え、阪神・淡路大震災時には、火災発生を防止したその優れた性能から「サイレントヒーロー」として高い評価を受けている。また、最近、この技術を応用した「感震ライト付き火災報知器」も開発。

エアコンを故障から守る「インターナル・モーター・プロテクター」で国内シェア90%以上

エアコンのコンプレッサーに内蔵され、熱や過電流を感知して電流を切るバイメタルスイッチは、信頼性の高いシンプルな構造と低価格で高精度であることが受け、インターナル・モーター・プロテクター市場で国内シェア90%以上を獲得している。

感震器・感震ライト付き火災報知器・バイメタルスイッチ

このページの先頭へ