本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


エイベックス株式会社

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
加藤 明彦

高精度な切削・研削技術で自動車用部品を製造

ミクロン単位の切削・研削技術で、自動車のオートマチック変速機の油圧制御用バルブを製造。そのスプールバルブは世界シェア8%。

自動車用オートマチック変速機に使用する油圧部品にはミクロン単位の高精度が必要

自動車のオートマチック変速機の油圧制御装置に使用するスプールバルブにはミクロン単位の精度が必要で、高度な切削・研削技術が要求されるが、自動車1台に10から20個という多くのスプールバルブが使用されているため価格競争も激しく、厳しいコストダウンの要請に対応している。

社長が先頭に立って進める「創意と工夫」で確立した「切削・研削のプロフェッショナル集団」

ミシン、8ミリ映写機、自動車ブレーキの部品を製造する中で培われた技術やノウハウをもとに、社長自らが先頭に立ち社員とともに「創意と工夫」を実践し、アルミ材料をミクロン単位の精度で「切削・研削するプロフェッショナル」集団となっている。また、人材育成に力をそそぎ「品質は工程でつくりこむ」ことで、安定した品質を確保している。

オートマチック変速機用スプールバルブで世界シェア8%

現在、自動車のオートマチック変速機用スプールバルブでは世界シェア約8%で、1日あたり約25万個を製造している。海外自動車メーカとの取引も検討しており、将来普及する電気自動車に対応する技術開発も大学等の研究機関と積極的に進めている。

油圧制御装置内バルブボディ・スプールバルブ

このページの先頭へ