本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社三_プレシジョン

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
神谷 昭司

超精密金型・成形技術を武器に精密部品を提供する「天下の下請け」

異種の樹脂を一体成形する技術、プリンタ、カメラ、自動車などに組み込む精密プラスチック部品を作り出す超小型精密成形技術は、大手メーカーが高く評価。

腕時計用針のトップメーカーから樹脂精密金型・部品の製造へ進出

異種材一体成形時計針用の金属プレス金型で培った製造技術を活かし、電気メーカーの要請に応じて樹脂金型を製造したことがきっかけで、成熟産業となった時計の分野から、樹脂部品の製造に進出した。

超小型精密、超薄肉、異種材一体の成形技術のパイオニア

例えば、成形品に幅0.1ミリメートルのスリットを80本作るなどの超小型精密成形や厚み0.1ミリメートル以下の成形品を作る超薄肉成形、異なる材料を一台の成形機で一体成形する異種材一体成形など、精密樹脂成形において数々の新技術を確立、他の追随を許さない精度を誇っている。

高度かつ困難な顧客ニーズに応える「天下の下請け」

精密で小さな物を創り出す金型技術を礎に、0.7ミリメートルの歯車や公差0.005ミリメートルの腕時計用樹脂製歯車、自動車用パワーウィンドウスイッチノブ、インクジェットプリンタ用精密小型成形部品など数多くの精密部品を提供し、「天下の下請け」を掲げ、多様な顧客の高度な要望に対応している。

ブラシ形状成形品・微細穴成形品・自動インサート成形

このページの先頭へ