本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社岡島パイプ製作所

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
岡島 晃豊

小径薄肉精密鋼管のトップメーカー

自転車用パイプ製造の時代から培った小径薄肉パイプ製造のノウハウは他社の追随を許さず。高品質な製品は自動車部品・家電部品等に広く採用され、特に自動車用小径パイプでは国内シェア8割を誇る。

自動車の軽量化に寄与

自転車用パイプ製造の時代から培った独自の製造ノウハウを活かし、自動車の安全保安部品として使用可能な強度のあるパイプの開発に成功。自動車のヘッドレスト・ハンドルの芯等として採用され、自動車の軽量化に貢献している。全世界の完成車メーカーに採用され、高い評価を得ている。

顧客への品質保証こそ第一

精密パイプは、外見は単純な部品に見えるが、長さや太さ・肉厚等の寸法精度に加え、加工性や強度、防錆、耐熱性等の様々な品質が要求される。株式会社岡島パイプ製作所では、「品質は工程で造り込む」をモットーに全工程で社員一人ひとりが顧客の立場に立って、製品の品質向上に努めている。

技術革新を意識した製品開発

株式会社岡島パイプ製作所は、1962年に米国製高周波抵抗溶接機を、1969年にはドイツ製自動引抜機をわが国で初めて導入するなど、常に世界の最高水準の設備を積極的に導入してきた。それらの生産設備も独自の改良を施し、大手企業も寄せ付けないノウハウを築いている。新しい素材、新しい加工方法に取り組み、顧客の様々なニーズに対応できる製品開発を行っている。

溶接工程・様々な製品

このページの先頭へ