本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社 N.P.W技研

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
山本 健士

薄板を高速連続溶接するワイヤーシーム溶接機を製造

  • 三重県伊勢市佐八町894
  • 1982(昭和57年)設立
  • Tel 0596-39-1133
  • http://www.npw.biz
国内唯一のワイヤーシーム溶接機のメーカーで工業用製缶溶接機では国内シェア70%。

多品種、小ロット化が進む「工業用缶」

製缶業界では製造のスピードアップとともに、工業用缶である18L缶やペール缶(燃料・塗料缶)では、多品種、少量への対応も迫られ、缶製造ラインで缶胴接合部を溶接するシーム溶接機に対しても多品種、少量生産への対応が求められている。

ワイヤーシーム溶接技術を活かし、ユーザーの立場に立った製品開発

銅ワイヤーを電極に使用し溶接する技術(特許取得)を活用し、ユーザーの立場に立った高速、多品種、小ロット製缶に対応した技術開発を行うとともに、海外メーカーでは対応できない保守点検、緊急メンテナンスサービスにも力を入れている。現在、ワイヤーシーム溶接機メーカーは世界でも4社程度しかなく国内唯一のメーカーとなっている。

工業用製缶溶接機では国内シェア70%

国内の18L缶やペール缶等の工業用缶製造溶接機では国内シェア70%を確保しており、海外では中国・東南アジアへの販売を展開している。今後は、2次加工性が高く、美観にも優れたワイヤーシーム溶接の特徴を活かし、自動車、家電製品への展開も検討している。

缶製造中(ワイヤーシーム溶接)・ワイヤーシーム溶接機(工業缶用)

このページの先頭へ