本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


河村産業株式会社

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
渡辺 尚

液晶ディスプレーを支える絶縁物の精密加工技術

モーター、トランスの電気絶縁紙加工で培った精密加工技術をもとに、液晶ディスプレーなどに使われるTAB用材料を世界市場に供給

液晶ディスプレーのコア部品TAB用材料加工で世界トップシェア

液晶用TAB(Tape Automated Bonding)は、液晶ディスプレーの画像制御に使用される薄いフィルム状のICパッケージであるが、その中に使用される銅箔や銅箔積層フィルムを加工生産しており、この分野では世界シェア40〜50%を占めている。

「ハイテク」と「ハイスキル」で顧客ニーズに対応

創業以来、モーター、トランスに用いられる電気絶縁紙加工で培った「ハイテク(高度技術)」と「ハイスキル(磨かれた技)」な精密加工技術を活用して、銅箔や銅箔積層フィルムを厳密に管理されたクリーンルームで、TAB用部材に精密加工している。

下請から自社製品メーカーへ大きく飛躍

創業当初は、大手電機メーカーの下請企業であったが、電気絶縁物にこだわり、当初の「紙」から、現在は「フィルム」へと時代の要請に応じた自社製品を開発している。また、韓国向け液晶ディスプレー関連部品の受注強化のため現地法人の設立など海外展開も推進している。

クリーンルームでの精密加工・TAB用部材及び加工品

このページの先頭へ