本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


ヴイストン株式会社

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
大和 信夫

小型高性能の二足歩行ロボットを製造

全方位型センサ技術と画像処理技術を駆使し、小型高性能の二足歩行ロボットを製造・販売。ロボカップ世界大会に出場し、優勝、二連覇を達成。

ロボカップで優勝、二連覇達成

ロボットのサッカー競技「ロボカップ世界大会2004・2005」に「Team・OSAKA」のメンバーとして参加し、中心となって開発した結果、同チームの二足歩行ロボット「ヴィジオン」が優勝、二連覇を達成し、その技術力が高く評価された。

技術力を基礎にロボット開発

同社の強みは、部品から手作りで行い、センサやソフト、電気関係において全てを自社でできることである。ロボカップ世界大会連続優勝の高い技術力をベースに、オリジナルロボットの開発/販売を行っている。また、「鉄人28号」「ロボぴちょんくん」など、キャラクターロボット開発にも携わった。

ロボット・プロダクション

平成16年11月に、ロボットのプロダクション「ロボプロ」を国内で初めて設立した。二足歩行ロボットによるエンターテイメントイベントを通じて、次世代を担う子供達に向けて、ロボットをきっかけにした科学教育に取り組んでいる。

このページの先頭へ