本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


音羽電機工業株式会社

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
吉田 修

独自技術で内部雷・外部雷システムを提供

各種アレスタ(避雷器)、セラミック素子など避雷器関連製品の開発・製造・販売から内部雷・外部雷のコンサルティング、受託試験、電気工事・接地工事一式までを総合的にこなす、日本唯一の雷の総合メーカー。

避雷器の普及に努める

音羽電機工業株式会社は、信頼性の低かった従来の避雷器を改良して1950年にPバルブ避雷器を開発、量産により電力・鉄道・放送・通信の産業分野に普及させ、電力業界では60%のシェアを誇っている。その後、電気社会のニーズに対応した各種製品の開発・生産・販売を行い、雷の被害から電気設備機器を守るとともに、雷の技術書や雷写真集を自費出版して、その必要性の普及に努め、高い評価を得ている。

技術力

現在の雷対策製品の核(コア)になる、酸化亜鉛素子の研究・開発にたゆまぬ努力を重ねた高品質なデバイス製品の誕生は、海外からも認められるグローバルな製品となっている。永年の雷研究の成果と核(コア)技術から生み出される各種の雷対策製品は、顧客の満足度を向上させている。

雷試験設備

弊社は、製品を開発するための雷試験設備を独自に開発・設置して、国内では他社に無い、雷試験機を3台保有し、受託試験も行っている。これらの過酷な試験を通じて、高品質の酸化亜鉛素子が誕生し、雷対策製品開発と相まって、当社の飛躍的な発展につながっている。

このページの先頭へ