本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社ササヤマ

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
笹山 勝紀

精密な金型製造技術によりテレビの背面カバー用金型を製造

高性能工作機械等を駆使した精密な金型製作技術で、テレビの背面カバー用金型を製造。国内、韓国家電メーカー向けに供給し、42インチ用以上は世界シェアNo.1を獲得。

創業35年を超える金型メーカーの実績

プレス金型メーカーとして創業35年以上の実績のなか、自動車部品、厨房機器、ガス・石油機器等あらゆる分野のプレス金型を手がけており、FPD背面カバー用金型では国内トップシェアを誇っている。現在では需要の急激な拡大に対応しきれず、一部の注文は断らざるを得ない状況で、当社の生産状況が大手の生産スケジュールに影響を与えかねないほどである。

42インチ以上の金型は当社がほぼ独占

テレビ向け金型の生産を開始したのは、15年前に生産効率化へ向けて大型マシニングセンターなどを設備導入したのを機に大手電気メーカーからテレビ向け金型を受注したことに始まる。以後、多くの大手電機メーカー向けの金型をプレス会社に納めており、現在42インチ以上の金型は当社がほぼ独占している。

精密な金型を短時間で製作する技術が信頼を獲得

当社の特徴としてはCAD/CAM、CNC、研削盤といった高性能工作機械などを駆使し、台所用シンクの製造で培った高精度の絞り加工技術によって精密な金型を製作すると同時に、トライアル用1000トンプレス機を導入することにより短時間のうちに自社内で各種部品の完成度を確かめる事が出来ること。これにより、短期納期ニーズの対応が可能になるとともに、品質に対するユーザーの信頼を高めている。

このページの先頭へ