本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社守谷刃物研究所

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
守谷 光広

サブミクロンの精度で自動車用オイルポンプ部品を製造

10,000分の 1 ミリというサブミクロンの加工技術の開発により、車のしなやかな動きに欠かすことのできないパワーステアリング用ベーンの製造で世界シェア30%以上を獲得。

「たたら製鉄」から続く製鉄技術の蓄積が世界的ブランドを築く

古来から続く製鉄技術の蓄積から生まれた世界的に高い品質と信頼性を誇る「ヤスキハガネ」に、刀鍛冶であった創業社長の日本刀作刀の伝統技術を応用した高い信頼性の熱処理と精密研削加工を施したモノ作りにこだわり、様々な分野から評価を得る特殊鋼精密加工メーカーとなった。

自動車メーカーからの信頼はサブミクロンの超精密加工技術

自動車関連部品は、品質の信頼性が最も要求される分野である。パワーステアリング用に代表される車載用ベーン(オイルポンプ部品)は、自動車の重要保安部品であるため、超精密加工の高い技術力を要求されるが、高い信頼性を誇る当社のサブミクロンの量産加工技術により、世界中の多くの自動車メーカーから支持を受けている。

このページの先頭へ