本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社白鳳堂

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
高本 和男

伝統的な筆づくりの技術で世界的評価の高い化粧筆を製造

伝統的毛筆製造技術を応用した新製品”化粧筆”を開発。有名ブランドに採用されるなど世界の化粧筆市場で高い評価を得て、世界シェア60%を獲得。

脈々と受け継がれた筆製造の伝統技術を化粧筆に

約200年の筆製造の伝統的技術を活かし、毛先を切りそろえたものしかなかった化粧用刷毛に着目。従来の化粧品を平たく塗り伸ばす刷毛から、伝統的な筆の持つ毛先の繊細さ・しなやかさ・腰の安定を応用。扱いやすく機能に優れた高品質の道具としての「化粧筆」の開発に成功した。

「美しく自然な仕上がり」を実現

開発にあたっては、試作とモニター使用の検証を繰り返し、化粧に求められる「機能」は毛の種類や組み合わせが、また「肌触り」は肌に直接触れる部分の毛の密着感が、それぞれポイントであることを掴んだ。これまで培った筆製造技術から、新製品は従来からの化粧刷毛の塗りムラやグラデーション・コントロールのしにくさを解消する画期的なもの。

有名ブランドへの供給のみならず、自社ブランドも徐々に確立

世界の有名化粧品ブランドメーカーにOEM提供してきたが、除々に自社ブランドを育成し、インターネット販売・直販に取り組み最近では日米欧各国に「白鳳堂」の固定客を増やしている。デパートの化粧品ブランドのブースで販売されている高級化粧筆の6割がOEMも含めて同社の製品。また、「第1回ものづくり日本大賞」内閣総理大臣賞を受賞している。

このページの先頭へ