本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


森鉄工株式会社

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
森 孝一

プレス技術を探求し、「ファインブランキングプレス」を開発

二次加工不要、三次元形状の複合成型の処理が可能な「ファインブランキングプレス」を開発。きめ細かな顧客サービスで国内シェア70%を獲得。

従来のプレス技術では不経済かつ困難な部品の加工。

肥料、農業機械の製造・販売等を経て、1971年(昭和46年)からプレス専門メーカーへ。従来のプレス加工技術では、切断面が平滑では無いため二次加工を施す必要があり、作業時間及びコスト増の要因となっていた。 また、より複雑化する部品加工、金型部品製造等に対応するため、一台で三次元形状の複合成形が可能となるプレス技術が求められていた。

「ファインブランキングプレス」で課題を解消。

1981年(昭和56年)「ファインブランキングプレス」を自社で開発。   一度の打抜きで平滑な剪断面を実現。二次加工が不要になり製品のコストダウンに成功するとともに、製品強度も向上。更に「つぶし」・「半抜き」・「曲げ」等の三次元形状の複合成形も可能にする等、従来の課題を一気に解消。

当該加工機で国内シェア70%を獲得。確かな技術ときめ細かな顧客サービスで世界を舞台に活躍中。

当該分野では後発メーカーであったが、顧客のニーズに柔軟かつ、きめ細かな対応をすることで着実にシェアを拡大。当該加工機では国内シェア70%でトップ。   自動車、電子部品業界を中心に、アジア・欧州・北米等、海外20カ国へ輸出。また近年、韓国、中国、タイに販売拠点を設立する等、確かな技術と顧客サービスで世界を舞台に活躍の場を広げている。

このページの先頭へ