本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


ナガベア株式会社

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
今里 和照

オーロラビジョン構造物設計製作国内トップシェア

  • 長崎県長崎市幸町6-7
  • 1960年(昭和35年)設立
  • TEL 095-826-0181
大手電機メーカーの大型映像装置(オーロラビジョン)の鉄骨構造物の製作部門を担当、国内累積納入実績で日本一を誇る。

オーロラビジョン製造に早期参加

同社では、従来より大手電機メーカーの下請け企業として、設計から製造まで一貫して対応してきた。その技術力が認められ、世界に先駆けて開発された大型映像装置(オーロラビジョン)の第一号機から担当、今日に至る。   屋外用超大型映像装置は1980年に大手電機メーカーが世界に先駆け真空管方式フルカラーディスプレイを開発、世界各地に納入。現在ではLED方式による高輝度高解像度の超大型映像装置として活躍している。

高精度鋼構造物設計製作配線組立技術と微妙なシステム調整能力に高い評価

大型ディスプレイでは高解像度仕様のため、高度の制御システム調整と高い寸法精度の鉄骨構造物が要求される。同社は長年に亘る経験を通し、設置場所にジャストフィットする高精度鋼構造物の設計製作配線組立て技術を確立、設置の際の微妙なシステム調整にも対応することで高い信頼を得ている。

大型映像装置(オーロラビジョン)の累積供給面積日本一

同社の鉄骨構造物による大型映像装置(オーロラビジョン)は、累積供給面積では日本一であり、東京ドーム・ナゴヤドームをはじめ各野球場、競馬場、競艇場、競輪場、サッカー場等々数多くの施設に採用されている。

このページの先頭へ