本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社佐喜眞義肢

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
佐喜眞 保

医療と健康福祉に貢献する画期的な関節装具を開発

独自の構造の採用により抜群のフィット感を実現。第1回ものづくり日本大賞の製品・技術部門で「経済産業大臣賞」受賞

独自の構造で抜群のフィット感を実現

同社が製造・販売する「CBブレース」は、関節部材と関節部材の中央に、連結部材(センターブリッジ)を組み入れるだけというシンプルな構造で、軽くて丈夫で、正座も可能、違和感なく抜群のフィット感を実現している。

医療用・スポーツ用など幅広く活用

加齢による変形性膝関節症・脳卒中後遺症やリュウマチのリハビリなどの治療のほか、プロ野球選手やプロレスラーなどスポーツ選手にも使用され、回復効果が高いと利用者から高い評価を受けている。

経緯

社長の佐喜眞保氏は、自身も脊堆障害の治療で装具を9ヶ年も使用した経験があり、それが使う側の立場に立ったモノ作りに生かされている。

表彰

これらが評価され、平成11年に「沖縄県知事最優秀賞」を受賞したのを皮切りに、平成12年に発明協会から九州地方発明奨励賞、平成13年には、「文部科学大臣賞」平成17年には第1回ものづくり日本大賞の製品・技術開発部門において「経済産業大臣賞」を受賞している。

このページの先頭へ