本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > 飲食品でヒット商品をつくる

飲食品でヒット商品をつくる


特別企画

よくわかる 食品づくりにおける購買管理の基本

第2回 購買方式と発注方式

企業が競合他社に勝つためには、品質がよい製品を少しでも安くつくらなければなりません。また、利益を確保する必要もありますが、そのためには売上原価を下げる必要があります。

一般的に売上原価に占める原材料の割合は、多くの企業で50%を超えていますが、もし、この原材料費を下げられれば当然利益を上げられます。そのため材料を調達・購買する購買管理は利益管理においてますます重要になっています。原材料費の原価を下げることは企業の利益に直結します。

そこで「よくわかる 食品づくりにおける購買管理の基本」では、購買管理を効率的に行うための基本を紹介します。

購買方式

1.購買方式の決め方

企業の規模や業種などにより企業の組織は変化します。購買部門も同様に変わることとなります。また、自社で購入しているモノやサービスにはそれぞれ特徴があります。購買担当者はこのような点をよく理解し最適な購入に努力しています。その集大成が現在の購入方式となっているのです。

購買方式と発注方式は密接に関係しています。厳密には、購買方式は購買のやり方に関するものであり、発注方式は品切れを防ぐための発注方式です。

2.購買方式の種類

購買方式は、購買する時期と数量によるもの、価格の契約からみたもの、組織面からみたもの、購買先からみたものなどがあります。これらをうまく組み合わせて自社に最適な購買方式をとることとなります。以下は代表的な購買方式をまとめたものです。

購買方式 特徴
購買する時期と数量による方式 定量購買方式 一定の量で購買する方式
定期購買方式 一定の時期に購買する方式
当用買(都度購入)方式 必要な都度、必要な量だけ購買する方式
長期契約(内示購買)方式 年間の購入数量を特定の購入仕入先に内示し必要な時に分納させる方式
価格の契約からみた方式 競争入札方式 自由競争により入札により購入先を選択する方式
見積り合わせ方式 指名した2社以上の購入先から見積もり書をとり、それらを照合、比較検討して条件に適した購入先を選択する方式
随意契約方式 購買担当者が随意に購買する方式
特命購買方式 購入仕入先を一社だけに限定指名して購買する方式
組織面からみた方式 集中購買方式 本社で集中して必要とする資材を購買する方式
分散購買方式 工場や事業所、営業所で必要とする資材を購買する方式
購買先からみた方式 系列購買方式 自社と同じ系列の仕入先から購買する方式
相互購買方式 販売高を増やす必要がある場合や資金繰りなどで相手方と支払い上の相殺をとるために自社製品の販売先から資材を購買する方式
連帯購買方式 購入先が自力で資材を調達できないとき、代わって購買してやる方式

発注方式

仕入数量などを調査してABC分析などを行い、材料や部品の特徴に合わせて発注方式を考える必要があります。以下にその方式ごとにまとめます。

発注方式 特徴
定期発注方式 あらかじめ、一定の期間、例えば週に1回や月に1回のように発注する間隔を定めておき、その都度現在の在庫量や需要量に応じて発注量を計算して発注する方式。主にABC分析のAグループの品目に適用。
定量発注方式 在庫量が前もって定められた水準(発注点)まで下がったとき、一定量(発注量)を発注する方式。主にABC分析のBグループの品目に適用。
定期定量混合方式 在庫を定期的にチェックし、その時の在庫が発注点よりも少なければ、一定量を発注する方式。主にABC分析のBグループの品目に適用し、常時在庫をチェックできない品目や帳簿による在庫確認が難しい場合に適用。
簡易発注方式 品目の種類は多いが、取り扱い金額や量が少ないので、なるべく購買費用をかけずに発注ができる簡易発注方式を使用する。主にABC分析の、Cグループの品目に適用。以下のような種類がある。
<ダブルビン方式>
2つの箱や入れ物などを使う方式。最初は、2つの入れ物に材料や部品を入れておく。一方の箱の在庫が無くなれば、発注し、もう一方の箱の在庫を使用する簡易的な発注方式。
<定量維持方式(補充方式)>
一定の在庫量を決めておき、ある量だけ使用するごとに使用した量だけを発注する方式。一定量の在庫を常に補う方式。
ABC分析のBグループ以下の品目に適用され、使用頻度は小さいものの在庫切れをしたときの損失が大きく、かつ使用予想の立てにくい資材や品目に使用される。
(高橋順一 コンサルティング・オフィス高橋 代表/中小企業診断士)


このページの先頭へ