本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > 飲食品でヒット商品をつくる

飲食品でヒット商品をつくる


特別企画

よくわかる 食品表示の基本とポイント

最終回 一括表示の内容チェック

加工食品の表示を見ていると法律上誤った表示をしているケースが見受けられます。特に中小の食品メーカーでは、製造責任者が表示の知識のないまま、過去からの経験や営業部門から言われるままに表示を行っている場合があります。新製品を発売した時点では表示が適切であっても、原料事情などにより配合を変更しても表示はそのままにしてしまい、結果として製品の表示を間違えたまま販売している場合もあります。

そこで以下では、商品開発を行う人のための食品表示の基本とポイントを説明していきます

「よくわかる 食品表示の基本とポイント」第2回では、食品表示の一括表示のポイントを説明しました。そこで今回(最終回)は、一括表示の内容を最終チェックするための留意点を説明します。

一括表示は、容器に直接印刷する場合やラベルにして添付する場合がありますが、いずれの表示の形態にしても「間違いを見つける」という第三者的な立場で最終チェックします。

また、法律が改正されたことで自社製品の表示にも改正が必要となった場合には、速やかに対処することが重要です。そのような点からも包装資材の在庫を持ちすぎると廃棄のリスクが高くなってしまいますので、適正在庫になるように留意しましょう。

1.一括表示例のチェック項目

【一括表示チェック項目】
チェック項目
I 一括表示の項目が満たされているか
II 一括表示の文字の大きさは8ポイントになっているか
III 原材料は使用重量の多い順になっているか
IV 添加物は使用重量の多い順になっているか
V 固有記号は届出書と合っているか
VI 製造者、販売者は合っているか

I. 一括表示の項目が満たされているか

一括表示で必要な項目は商品によって異なります。法律と照らし合わせて確認することが必要です。

一括表示を数個所かに分けて表示する場合は、枠内表示の個所にその記載場所の表示が必要となります。例えば「反対面表示」「枠外下部表示」などと表示します。

II. 一括表示の文字の大きさは8ポイントになっているか

日本工業規格に規定されるよう、表示には8ポイント以上の文字の大きさが必要です。また、表示可能面積が狭い(150cm2以下)場合は5.5ポイント以上の文字でも使用できます。

食品の表示は見やすく書くことが大切です。例えば、表示する素材が透明フイルムであり、さらに食品の色と同じインクを使用しているため表示を確認できないような場合があります。食品表示もバーコードと同じように読みやすく印刷することが大切です。

III. 原材料は使用重量の多い順になっているか

原材料名の表示は、「食品添加物以外の原材料」と「食品添加物」に分け、それぞれ重量割合の多い順に記載します。原材料を重量順に記載するように定めているのは、商品名やイメージから予想される使用量と大幅に異なることなどによる消費者の誤認や不利益を防止するためです。

IV. 添加物は使用重量の多い順になっているか

使用している添加物は多い順に記載する必要があります。「添加物の多い順に記載することなんかできない」「計算なんかできない」という声もありますが、添加物も使用量の多い順に記載することが法律上必要です。添加物を多い順に並べるために使用した、計算の根拠となるワークシートは保存し、監査の時に確かめることが必要です。

V. 固有記号は届出書と合っているか

製造者、販売者の後に付ける製造所の固有記号を届けてあるかどうか、また、届けてあれば届出の住所と合っているどうかをチェックします。特に工場や本社を移転した場合は注意が必要です。固有記号の届出書を確認し、間違いがないかを点検することが必要です。固有記号の確認では、製造工場および販売者の住所、屋号が合っているかチェックします。

VI. 製造者、販売者は合っているか

製造者の住所、屋号は営業許可証に照らして確認します。住所が実際の所在地と異なる、また、屋号が異なるというケースが多々あります。「製造者、販売者を誤記するわけがない」という先入観を持たずに点検する必要がある項目です。必ず保健所が発行した営業許可証と照合しながらチェックしましょう。

(高橋順一 コンサルティング・オフィス高橋 代表/中小企業診断士)


このページの先頭へ