本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > 飲食品でヒット商品をつくる

飲食品でヒット商品をつくる


記事一覧

「キユーピー3分クッキング マヨ風味炒め用ソース〈ペパー&ガーリック味〉」「同 〈オイスター&香味生姜味〉」―「こんな商品、あったらいいな」が開発の出発点
  • 「シーチキン」―食の欧米化を見越した先見の明[2014年3月19日]
「シーチキン」―食の欧米化を見越した先見の明
「生クリーム仕立てのプチシュー」―手軽さを追求すると“プチ”になった
「-196℃ ストロングゼロ」「-196℃ ストロングゼロ〈DRY〉」―「やってみなはれ」の精神があればこそ
「ギョーザ」―ハッとした瞬間、驚き与える商品が生まれた
「丹念仕込み 本場さぬきうどん」―うどん職人の手づくり感を徹底再現
  • 「森永ファッジ」―100年の知恵が隠し味[2013年11月20日]
「森永ファッジ」―100年の知恵が隠し味
「日清カップカレーライス ビーフカレー」―ユニークさを追求したらこうなった!
「パパン」―売り場提案が“宝物”を掘り起こした
「こんにゃくのレバ刺し」―目指したのは真逆の食感
  • 「マルちゃん正麺」―袋麺に新風を吹き込め![2013年10月23日]
「マルちゃん正麺」―袋麺に新風を吹き込め!
「ワンダ モーニングショット」―缶コーヒーの“本質”を探れ!
  • 「俺のスイーツ」―価値づくりを追求しよう[2013年10月 9日]
「俺のスイーツ」―価値づくりを追求しよう
「カントリーマアム」―手づくり感あるクッキーを家庭に届けたい
「Dororich クリーミーカフェゼリー」―日々の積み重ねがある日突然結びつき突破口に
  • 「じゃがりこ」―既成概念を取っ払え![2013年9月18日]
「じゃがりこ」―既成概念を取っ払え!
  • 「香味カリー」―真の魅力は時短ではなかった[2013年9月11日]
「香味カリー」―真の魅力は時短ではなかった
「あずきバー」―加えられたのは“歴史という名の調味料”
「コアラのマーチ」―お客さまがブランド価値に気づかせてくれた
  • 「ジョア」―“第2のヤクルト”をつくろう[2013年8月 7日]
「ジョア」―“第2のヤクルト”をつくろう
  • 「ソイカラ」―届けたかったのは「笑顔」[2013年7月31日]
「ソイカラ」―届けたかったのは「笑顔」
  • 「午後の紅茶」―日本に紅茶文化を根づかせたい[2013年7月17日]
「午後の紅茶」―日本に紅茶文化を根づかせたい
「味・塩こしょう」―汗を流しリヤカーで売り歩いた日々が実を結ぶ
「お~いお茶」―価値を創造し“タダで当たり前”文化を打破
「俺がえらぶ、おかず黒ごま」―商品化が進んでいない素材こそチャンスあり
「お好みソース」―お好み焼きに合うソースをつくりたい
「ピエトロドレッシング」―始まりは「おすそ分け」だった
  • 「カンロ飴」―日本人に馴染みのある味に[2013年3月21日]
「カンロ飴」―日本人に馴染みのある味に
「シガール」―人を幸せにするお菓子を作り続けたい
  • 「カレーム」―市場を拡大しなくてはいけない[2013年3月 6日]
「カレーム」―市場を拡大しなくてはいけない
「アヲハタ55ジャム」―甘さを抑えたおいしいジャムは作れないか
「長崎ちゃんぽん」―九州のメーカーとして、開発しないわけにはいかない
  • 「ハッピーターン」―伝統的なせんべいへの挑戦[2013年2月13日]
「ハッピーターン」―伝統的なせんべいへの挑戦
「ばかうけ」―受け継がれるプラスアルファの精神
  • 「生みそずい」―家庭のみそ汁を即席で再現する[2013年1月31日]
「生みそずい」―家庭のみそ汁を即席で再現する
「ゆかり」―赤しその漬物をふりかけにして売りたい
「ごっつ旨い お好み焼」―ふわっとしたお好み焼きを電子レンジでつくれたら
「ブラックサンダー」―発売から10年、風向きが変わった
「モスバーガー」―食べ物屋である以上、食品の味で勝負しよう
「ランチパック」―数ある菓子パンの中の一つが事業の柱の一つに
「オリエンタル即席カレー」-高級料理だったカレーを誰でも食べられるようにしたい
「小岩井 生乳(なまにゅう)100%ヨーグルト」―なめらかさは必然だった
「のりたま」―良質なタンパク源を手軽に採ってほしい
「ポールウインナー」-資本力がなくてもアイデアで勝るソーセージをつくろう
「ブルドックソース(ウスターソース)」―創業者の精神力が生んだジャパンオリジナルの味
「ホームランバー」―“楽しさの追求”を一番に考えた
「アスパラガスビスケット」-形も味付けもビスケットの固定概念を覆した
「ご飯がススム キムチ」-家族みんなで食べられる、甘味を強調した味付けに
「ハイサワー」-“日本版カクテル”の割材となる飲料を
「だしむすび」-従来とはまったく異なる発想でふりかけをつくった
「バリ勝男クン」-オリジナリティのある鰹節商品をつくる
「ノザキのコンビーフ」-基本は変えず、守り続ける伝統の味
「焼肉のたれ」・「黄金の味」-なんとか家庭の食卓に焼き肉を持ち込めないか
「リポビタンD」-商品に刷り込まれた、誰もが知るメッセージ
「むぎチョコ」-麦にチョコレートを掛けてみたらどうだろうか
「カロリーコントロールアイス」-カロリーが低く、“おいしい”アイスを追求する
「冷凍鍋焼うどん」-コシの強いうどんにすればもっと売れる
「いちごみるく」-これまでにないキャンディ、“噛む飴”を開発する
「チーズ鱈」-和洋折衷型のおつまみが消費者に求められるはず
「具のソース」-若い主婦の“3つのLESS”に応える付加価値の高いソースをつくりたい
「こてっちゃん」-食材の高い栄養価に商品化のポテンシャルを見出した!
「ふじっ子煮」-安価で長期保存できる昆布佃煮をゼロから開発
「ヱビスビール」-じっくり熟成させたコクの深い国産ビールをつくろう
「ケンミン 即席焼ビーフン」-懐かしい味を楽しんでもらいたい
「のっけてジュレ」-2つの悩める商品を同時に解決するアイデアから生まれた
  • 「おでん缶」-インパクトの強い缶詰を開発する[2012年2月29日]
「おでん缶」-インパクトの強い缶詰を開発する
「ペプシネックス(PEPSI NEX)」 -日本人の味覚にあったコーラをつくり出せ
「マンナンヒカリ」-カロリーカットで食物繊維の豊富な主食を追求する
「ゼリーdeゼロ」-カロリーを気にせずに甘さを楽しめるゼリーを提供したい
「い・ろ・は・す」-差別化しにくいミネラルウォーター市場に「環境」で勝負をかけた
「チーズデザート バニラ6P」-チーズケーキのおいしさを“チーズ”という商品形態で提案
「じっくりコトコト」シリーズ-大人も満足できるスープをじっくりとつくり込む
「チョーヤ梅酒」-日本独自のアルコール飲料をめざす
「マロニー」-煮崩れしにくいはるさめを開発したい
「カルピス」-おいしい乳酸菌飲料をつくり出したい!
「サッポロ一番」-札幌・ラーメン横丁の味を家庭に届けたい
「タカラcanチューハイ」-居酒屋の味をいつでもどこででも飲んでもらいたい
「世界のKitchenから」-ひと手間かけた手づくりの味を追い求める
「ワンカップ大関」-日本酒への固定観念を払拭する
「きゅうりのキューちゃん」-うまくて、安価で個性のある漬物をつくる!
「自然解凍でおいしい!」-究極の簡便調理をめざした
「甘栗むいちゃいました」-栗そのものの自然の甘みで勝負しよう
「赤いきつねうどん」-最初は「赤」ではなかった
「ポッキー」-プレッツェル全体にチョコをかけなくてもいいのでは?
「チャルメラ」-コストは2の次、味と品質に徹底してこだわる
「ホッピー」-まがいものはつくらない!“本物”だけにこだわった
  • 「紀文 調製豆乳」-豆腐がだめなら豆乳へ[2011年10月 5日]
「紀文 調製豆乳」-豆腐がだめなら豆乳へ
「さけるチーズ」-市場独占の秘密は独自の量産技術にあり
「タフマン」-あえて“おじさんドリンク”を標榜する
「ミルキークリームロール」-常識を超えた発想のロールケーキをつくる
「ウィルキンソン ジンジャエール 辛口」-100年ブランドの認知をさらに拡大する
「はちみつ黒酢ダイエット」-消費者の声に大ヒットへのヒントが隠されていた
「JANJAN ソース焼そば」-“カップ焼そば=若い男性”という商品イメージを打破する
「UCCコーヒーミルク入り」-そのとき、世界で初めて缶コーヒーが開発された
「スターバックス ヴィア」-20年の歳月がつくり上げた究極のインスタントコーヒー
「ベビースターラーメン」-“もったいない”の心から生まれた日本初のラーメンスナック
「甘熟トマト鍋」-社内から酷評だった味の本当の狙い
「PARM」-高級と低価格の間をねらって新市場をつくる
「辛そうで辛くない少し辛いラー油」―ラー油市場に一大変革を巻き起こした
「サントリーウイスキー角瓶」-低迷するウイスキーを復権させた秘策
「クロレッツXP」-“味長持ち30分!”のキャッチコピーが30分だった理由(わけ)
「キリンフリー」-単なるアルコールゼロではない、社会に貢献する商品をつくる
「ガリガリ君」-中堅企業だからこそ知恵を活かして販売戦略を練る
「カラムーチョ」-世の常識に反しようとも貫き通した辛いスナック菓子づくり
「ヘルシア緑茶」-体脂肪を減らす飲料づくりをめざす
「雪見だいふく」-後発メーカーだからこそ逆転の発想で勝負する
「ウイダーinゼリー」-飲むゼリーなら“飲む”と“食べる”の2つのニーズを同時に満たせる
「ノンオイルスーパードレッシング<青じそ>」-脇役として開発された調味料が新しい市場を創った
「ポカリスエット」“汗の飲料”をつくれ!-それは2人のアイデアから始まった
「おとなのふりかけ」-ふりかけは子供だけのものではない
「かっぱえびせん」-幼少期の思い出の味が生み出した元祖・スナック菓子

このページの先頭へ