本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > デジ・ステーション

デジ・ステーション


図解でわかるIT製品入門
仮想専用ネットワーク「IP-VPN」簡単アニメ

「自分の担当分野しか知らない」なんてことはなかなか言えない情報システム担当者。まったく関係ない分野の製品も一応は押さえておきたい…でも、じっくり勉強する暇はない!というアナタのために、様々な分野の製品をアニメーションで簡単に解説。
 今回のテーマは「IP-VPN」。専用線やフレームリレーより低価格に仮想閉域網が構築できる「IP-VPN」とは何か、簡単な動画で解説する。また、もっと詳しく知りたい場合は、製品購入ウラづけガイドの「IP-VPN特集」で製品の基本機能から最新情報などを紹介している。そちらもぜひ参考にしていただきたい。

IP-VPNとは何か?

IP-VPNとは、通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、拠点間を専用線でつないだようなWANを構築できるサービスのことだ。このIP-VPNは回線を複数企業で共有するため、専用線を持つ場合に比べて利用料が抑えられる。また、ルーティングはIP-VPN網の中で行われるため運用も容易だ。網内では、拠点間でやり取りするIPパケットに自社の通信であることを示すラベルを付与することで、仮想的な専用ネットワークが作られる。
 それでは、「IP-VPN」の基本から押さえていこう。

POINT1 こんなときに便利!

  • 細かく網内を制御できる!
     IP-VPNは、MPLS(Multi-Protocol Label Switching)技術をベースとしている。MPLSでは、IP-VPN網内のルータがユーザ拠点からのIPパケットに独自のラベルを付けて、網内ではそのラベルによってユーザを識別し、かつルーティングを行うようになっている。この技術を使うことで、ユーザは同じ網サービスを利用しながら他のユーザとはまったく無関係に通信を行うことができる。

POINT2 IP-VPN最新動向!

  • ライトタイプのIP-VPNが人気!
     最も人気を呼んでいる拠点間通信の手段が、「低価格VPN」や「エントリータイプVPN」、「ブロードバンドVPN」と各社からさまざまな名称で提供されているアクセス回線にフレッツ・アクセスサービスを利用するライトタイプのIP-VPNだ。このサービスは、キャリアの閉域網に対しNTT東西の地域IP網を介して接続するのが特長で、ベストエフォート型のサービスとなっている。そのため専用線をアクセス回線とするのに比べ、料金が各段に安くなる。この点が注目され、現在急激に契約数を増やしている。
  • ソリューションとしてのネットワークサービスに注目!
     今後最も注目されるのが、TV会議や検疫ネットワークなど、従来ユーザ企業で構築してきたITインフラやアプリケーションをネットワーク側の機能としてIP-VPNとセットで提供するサービスである。主要キャリアは揃ってアプリケーションを含むサービス拡充を図っている。

掲載日:2008年12月24日

キーマンズネット

出典元:株式会社リクルート キーマンズネット 2008年11月14日掲載分

検索

このページの先頭へ