本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > デジ・ステーション

デジ・ステーション


図解でわかるIT製品入門
頼れる味方。速解!「スパム対策ツール」

「自分の担当分野しか知らない」なんてことはなかなか言えない情報システム担当者。まったく関係ない分野の製品も一応は押さえておきたい…でも、じっくり勉強する暇はない!というアナタのために、様々な分野の製品をアニメーションで簡単に解説。今回のテーマは「スパム対策ツール」。近年ますます増加するスパムメールを隔離し、快適なメールのやり取りを実現する「スパム対策ツール」とは何か、簡単な動画で解説する。もっと詳しく知りたい場合は、IT製品解体新書のスパム対策ツール特集をご参照いただきたい。

スパム対策ツールとは

スパム対策ツールとは、スパムメールをユーザから隔離したり、「このメールはスパムです」と注意を促したりして、ユーザのメールのやり取りをスムーズにするソフトウェアやアプライアンスのことである。スパムメールと判断するための基準は、大きく分けて「メールの送り方や送信元」と「メール本文」の2つがある。スパム対策ツールは、スパムフィルタと呼ばれるフィルタ機能を使ってこの2つのポイントをチェックし、対策を行うことができる製品だ。具体的な対策としては、「そのまま破棄」、「一時的に隔離してダイジェストでユーザに伝える」、「件名に「SPAM」など文言を付加してユーザに送る」などの方法がある。

POINT1 こんなときに便利!

  • システム管理者側からみたメリット
     スパムメールはウイルスのように直接的な被害はないが、スパムメールがメールフォルダ容量を圧迫することによる無駄なストレージ増設や、ネットワーク帯域の圧迫など、システム管理者の悩みの種となることが多い。スパム対策ツールを導入すればこのような悩みも解決する。なお、無駄なストレージを増やすコストやネットワーク帯域の増強コストを算出することで、スパム対策ツール導入の費用対効果を計ることができる。
  • ユーザ側からみたメリット
     フィッシング詐欺などの直接的な被害を回避できるということはもちろん、重要なメールを見落とす可能性が少なくなる。また、スパムメールを各ユーザが処理していると、企業全体で見た生産性は大きく低下してしまうが、これらを自動で処理してくれるスパム対策ツールがあれば、生産性低下を防ぐことが可能だ。

POINT2 スパムメール最新事情

  • もともとテキスト情報の内容によって広告宣伝などを行っていたスパムメールだが、2005年以降、画像を使ってユーザに情報を届ける「画像スパム」が増えてきている。また、画像スパムに加え、2007年頃から仕事に関係のあるメールに見せかけたPDFやZIP、Excelスパムが登場している。

掲載日:2008年12月24日

キーマンズネット

出典元:株式会社リクルート キーマンズネット 2008年6月13日掲載分

検索

このページの先頭へ