本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > デジ・ステーション

デジ・ステーション


図解でわかるIT製品入門
不正操作を見逃すな!「PCログ監視ツール」

「自分の担当分野しか知らない」なんてことはなかなか言えない情報システム担当者。まったく関係ない分野の製品も一応は押さえておきたい…でも、じっくり勉強する暇はない!というアナタのために、様々な分野の製品をアニメーションで簡単解説。今回のテーマは「PCログ監視ツール」。情報漏洩など不正なデータ操作の抑止にもなる「PCログ監視ツール」を3分で押さえておこう!

「PCログ監視ツール」とは?

「PCログ」とは、PCの操作内容のこと。電源投入、アプリケーション起動、ファイル作成‥など、日々生まれる大量のPCログの中から、「不正なPCログ」を発見し、何が行われたのか、それを行ったのはどのPCかを特定することができるのが、「PCログ監視ツール」だ。場合によっては操作した人の責任を問うたり、再発を防ぐための対策を講じたりすることが可能になる。もちろん、万が一の有事の際に「不適正な操作はなかった」と証明できることも大切なポイントである。

POINT1 こんなときに便利!

  • 個人情報ファイルの送信など、不正操作を強制的に阻止したい!…アニメーションでも紹介したように、製品によっては、あらかじめ設定しておいたポリシーに照らし合わせ、ポリシー違反となるファイルコピーやリネームなどが行われた時点で管理者に通報するものがある。また、アラートを発するとともに、PCをロックする・ネットワークから切り離す‥などの自動対処を行うものもある。自動的な対処により、不正なファイルを添付したメールを送信前にブロックしたり、許されていないUSBメモリの接続なども防いだりすることができる。
  • ユーザに業務ポリシーを遵守させたい!…自分のPCログが監視されていることを従業員に知らせた時点で大きな不正抑止効果が生まれる。ユーザー認証を厳しく行う対策と組み合わせれば、非常に大きな不正抑止効果が生まれ、業務ポリシーの遵守に結びつく。

POINT2 PCログ監視ツールと関連する他の製品

  • 認証システムとの連携…不正なPC操作が行われた際、どのPCがその操作をしたかは分かるが、該当するPCの使用権限者が本当に操作したかどうかが分からないと意味がないため、PCの第三者使用を許さない本人認証の仕組みとの連携が重要だ。
  • 検疫ネットワークなどとの連携…監視対象外の不正なPC接続を排除するためには、ネットワークを監視してポリシーに違反するPCを見つけ次第隔離する「検疫」を行う必要も出てくる。ネットワーク監視ツールや検疫ネットワークの仕組みがここに必要になってくる。

掲載日:2008年12月17日

キーマンズネット

出典元:株式会社リクルート キーマンズネット 2007年12月14日掲載分

検索

このページの先頭へ