本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > デジ・ステーション

デジ・ステーション


図解でわかるIT製品入門
速解!「インターネットVPN」

「自分の担当分野しか知らない」…なんてことはなかなか言えない情報システム担当者。忙しくて時間のないアナタ、難しい説明はめんどくさい!というアナタにも、分かりやすいアニメーションでやさしく解説。
 今回ピックアップするのは「インターネットVPN」。コストパフォーマンスに優れているため、サービス開始当初から注目されている「インターネットVPN」の基本を学んでみよう!

インターネットVPNとは?

公衆網であるインターネット上に、仮想的に専用ネットワークを構築する技術。インターネットを流れるデータは盗聴される恐れがあるため、通信内容を暗号化することで機密性を高めている。VPN機器を購入して自社で構築する場合と、通信事業者やISP、SIerなどにその構築から運用・保守までを任せるサービスを利用する場合とがある。

POINT1 こんなときに便利!

  • 全国に散らばっている拠点をネットワークでつなぎたい!
  • 専用線を引く予算はないけど、セキュリティはしっかりしておきたい!
  • 外出先からも社内ネットワークにアクセスしたい!

POINT2 インターネットVPNを実現する技術の種類と特徴

  • IPsec-VPN…暗号化にIPsecというプロトコルを利用して閉域網を実現する。利用できるアプリケーションの制限が少ないというメリットがある。クライアントへの専用ソフトのインストールが必要。
  • SSL-VPN…WWWの暗号化などで標準的に用いられているSSLで仮想回線を構築する技術。サーバ側にはSSL-VPN装置が必要だが、クライアント側はWebブラウザがあればよく、特別なソフトは必要ない。

掲載日:2008年10月31日

キーマンズネット

出典元:株式会社リクルート キーマンズネット 2007年11月05日掲載分

検索

このページの先頭へ