本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する > デジ・ステーション

デジ・ステーション


5分でわかる最新キーワード解説
「情報を降らせるインターフェース」とは?

日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは「情報を降らせるインターフェース」。必要な情報は自分の手を使ってつかみ取る時代がやってくる?!

「情報を降らせるインターフェース」とは?

「情報を降らせるインターフェース」とは、頭上に設置されているプロジェクタから投影される映像(静止画あるいは動画)を手のひらに映し出すことで、ユーザそれぞれが映像を楽しむことができる、全く新しいインターフェース技術のことだ。

百聞は一見に如かず、まずは疑似体験していただこう。操作は至って簡単。図1のように、「情報を降らせるインターフェース」が設置されている空間の中で手をかざすだけでよい。ユーザはセンサなどの装置を一切何も身につけておく必要はない。すると図2のように、「情報を降らせるインターフェース」が自動的に手のひらを検知し、その場所にピンポイントでいろいろな映像(いわゆるコンテンツ)を投影してくれる。

図1 投写空間に手のひらをかざす

(資料提供:NTTサイバーコミュニケーション総合研究所)

図2 手のひらに映像が投影される

(資料提供:NTTサイバーコミュニケーション総合研究所)


「情報を降らせるインターフェース」の特長を整理すると次のようになる。


●いろいろな映像を手のひらに表示することができ、手のひらの移動に合わせて映像も追随表示できる。

●2つの手のひらを合わせる動作を認識することができ、合わせた手のひらに新しい映像を表示することが可能。

●手のひらにコンテンツを投影させることで、視覚効果に「遊び」の要素を加えることが可能。

●複数名(現時点のシステムでは最大7名)のユーザの手のひらへ情報を同時にリアルタイムで提示できる。


つまり、左右の手に別々の映像を表示することができ、2つの手をくっつけることで、2つの映像が組み合わさって新しい別の映像を再生することができる。さらにこの新しい映像を片手においたまま、逆の手、あるいは別の人の手に次の映像を投影し、それらを再び組み合わせることで、次々に手のひらで映像ストーリーを展開していくことも可能だ(図3)。

図3 2つの映像を合わせる動作

(資料提供:NTTサイバーコミュニケーション総合研究所)

このように、「情報を降らせるインターフェース」は人間がコンピュータや映像装置を操作する際の新しい対話技法を提案するものであり、ボタンやスイッチ、マウス、キーボードといった機械的なインターフェースから、手のひらという日常的な身体そのものによる所作へと発展させるための手法を、具体的なシステムで分かりやすく伝えている。

「情報を降らせるインターフェース」の仕組み

「情報を降らせるインターフェース」は天井部分に取り付けられているビデオカメラを使って投写空間をリアルタイムで撮影し、その映像をPCに伝送している。PC上では映像処理プログラムが動作していて、ビデオカメラから送られてきた1つひとつのフレームごとに、手のひらと同じ色情報を含む画像が含まれていないかどうかをチェックする。もし含まれている場合には、その色情報が手のひらを示しているかどうか、形状情報を使って確認する。そして、手のひらと同じ色情報をもち、形状も手のひらであることが検出されたときには、その位置にビデオプロジェクタを使って、事前に決めたルールに従い映像(コンテンツ)を投影する。

手のひらの検出はビデオカメラの毎フレーム単位で実行されることから、ほぼリアルタイムで検出することができるので、ある程度の速度で手のひらを動かしても映像を追随させながら投影させることが可能だ。さらに、「情報を降らせるインターフェース」ではユーザの体全体を認識してその重心(頭の位置)を検知していることから、ユーザがどの向きで手のひらをかざしているかを判定できるので、文字情報もユーザが読みやすい向きで表示させることができる。

図4 「情報を降らせるインターフェース」のシステム構成

(資料提供:NTTサイバーコミュニケーション総合研究所)

今回取材した時点でのハードウェア構成としては、PCにはWindows XPが稼働している通常のPC(メインメモリ2GB、VRAM768MB)が使われており、ビデオカメラはIEEE1394で接続されている。また、ビデオプロジェクタは輝度4000ルーメン以上のものであれば良く、いずれも容易に手に入るものばかりで構成されている。

活躍の場はココだ!

「情報を降らせるインターフェース」では、人の身体の一部である手のひらに情報を提示することで、まったく新しい情報の閲覧体験を可能にしており、具体的には次のような活躍の場が考えられている。

(1)各種イベントでのアトラクションや広告媒体として

手のひらにゲームや映画に登場するキャラクタや商品の映像を投影することで、その情報への親近感や印象度が一層強くなり、これまでにない斬新なスタイルの広告宣伝が実現できる。

(2)屋内パブリックスペースにおける映像演出として

映像が手のひらに追随するという特殊性により、他にはない独特の空間演出を行うことができる。 また、その目新しさによって施設への集客効果も期待できる。

(3)美術館/博物館等の体験展示物として

インタラクションを交えた先進的な展示を行うことが可能。また、学習支援ツールとして、化学反応や生物の進化の過程を、手のひらを使って楽しみながら学ぶといった展示も可能。


実際に、これまで行われた展示実験では、手のひらに炎の映像を映しながらパチパチという効果音を出すことで、手のひらが熱く感じて思わず手を引っ込めたり、昆虫が手のひらを這っている様子を映し出すと、手のひらがムズムズする錯覚を起こしたりするという。また、映画に登場するキャラクタとその名前をランダムに手のひらに表示し、その組合せが正しい場合に、キャラクタの手のひらと名前の手のひらとを重ね合わせると、そこに新しく「正解」という映像を表示するといったクイズ形式の展示実験も行われている。

このほか、手のひらの色判定のチューニングを変えることで、手のひら以外のまったく別の物体(入場パスや許可証など)に映像を表示させることもできる。その場合、例えばVIP向けの特別な許可証をかざした場合には、VIP用の特別コンテンツを表示し、一般向けの許可証には通常コンテンツを表示するといった使い分けを行うことができる。

一方、手を重ねるといった動作だけでなく、握手する、手を振る、手をつなぐなど、いろいろな所作ごとに映像を切り替えて投影させることも考えられることから、「情報を降らせるインターフェース」の応用範囲の可能性はかなり広い。

今後の課題

ただし、課題も若干残されている。それは周囲の環境光から受ける影響を如何に排除して安定動作を維持するかという点だ。このシステムではビデオカメラとビデオプロジェクタが使われているが、ビデオカメラにとっては、ある程度明るい環境のほうが鮮明なカラー映像を取り込むことができ、手にひらを精度よく認識できることになる。一方、ビデオプロジェクタにとっては、ある程度暗い環境のほうが手のひらに鮮明なコンテンツを投影することができる。従って、「情報を降らせるインターフェース」では環境光に合わせて安定稼働できるようにするためのチューニングノウハウを、今後も積み重ねていくことが求められている。

取材協力 : NTTサイバーコミュニケーション総合研究所

掲載日:2009年9月 9日

キーマンズネット

出典元:株式会社リクルート キーマンズネット 2009年8月5日掲載分

検索

このページの先頭へ